登録者以外の一般ユーザの利用(廃止の方向)

imacの利用は原則として,サーバ登録者(情報機器の操作等の受講生)に限られます.

しかし,一般ユーザも利用することが出来ます.

ログイン名: imac(半角)
パスワード: !mac(半角)

個人データの保存

 ○ フロッピーディスクに保存してください.

皆さまから寄せられてた要望,質問?

コメントに対するご意見をどんどんお寄せください.

戻る!

 

 

自分のパソコンを学内でインターネットにつなぎたい

 マッキントッシュでもウインドウズでも簡単につなげることが出来ます.

必要なもの,

1.演習室等にイーサネットハブ(100Mbpsスイッチングハブ)

 無い場合は,担当の先生に相談してください.

2.イーサネットケーブル(ストレートタイプ)

 必要な長さのものをご用意ください.先生に相談してください.

3.イーサネット端子を持つパソコン

 イーサネット端子(アダプター)が装備されていない場合は,ご自分で用意してください.(数1000円)

操作

1.イーサネットハブにケーブルでパソコンに接続します.

2.パソコンの設定

Windows 98での設定方法
  1. [スタート]メニューから[設定] → [コントロールパネル]を選択。
  2. [コントロールパネル]から[ネットワーク]アイコンをダブルクリック。
  3. [ネットワークの設定]タグから[TCP/IP]を選択し[プロパティ]ボタンを クリック。
  4. [IPアドレス]タグから[IPアドレスを自動取得]ラジオボタンをクリック。
  5. [OK]ボタンをクリック。
  6. 再起動。

Windows XPでの設定方法

  1. [スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択。
  2. [ネットワークとインターネット接続]をクリック。
  3. [ネットワーク接続]をクリック。
  4. [ローカルエリア接続]をダブルクリック。
  5. [プロパティ]ボタンをクリック。
  6. [インターネットプロトコル (TCP/IP)]を選択し[プロパティ]ボタンをクリック。
  7. [IPアドレスを自動的に取得する]ラジオボタンをクリック。
  8. [OK]ボタンをクリック。

Macintoshでの設定方法

  1. アップルメニューの「コントロールパネル」から、「TCP/IP」を開き
  2. 「経由先」を、「Ethernet」。
  3. 「設定方法」を、「DHCPサーバーを参照」
  4. ウインドウを閉じる.

マックの方が行数が少ないですね.

 

戻る!

 

WinとMacでファイルを共用したい

 国と国,民族と民族,異なるプラットフォーム,OS(オペレーティングシステム),MacとWinで垣ね無くデータを交換できることは重要で あり,大変に素晴らしいことです.一つのマシンにこだわってはいけません.

 さて,MacとWinでレポート作成を継続する場合,以下のファイル条件を守ってロッピーディスクを介するのが,初級コースです.慣れてきた ら,ファイルサーバを利用しましょう.

重要注意:変更前のファイルの複製を作り,

    データを保全するのが奥義です.

共用するファイルの推奨条件

  1. ファイル名はアルファベット,拡張子(ワードなら.doc,エクセルなら.xls,.ppt)を必ずつけてください。
  2. 画像データは,(OSに依存しない形式として) jpeg ないし gif 形式で保存してください.
  3. フォントはMS明朝,MSゴチックを使う.特殊文字は使用しない.

1 ネットワークファイルサーバを介する.(高速)

 進行中

2 フロッピーディスクを介する.(鈍速)

 Windows 用のフロッピーディスク (FAT形式 フォーマット) は,Mac でもWinでも読み書きできます。

3 メールで自分に送る

4 サンバを利用する.これは,WindowsのXPとNTは比較的にうまくゆきやすい.

戻る!

 

 

***********

調整中

戻る!

 

***********

戻る!