フロッピーディスクドライブの利用方法

ロジテックLFD-31UxシリーズをMac OSで使用する方法を説明します。

■厳重注意

力を入れない。

持ち出さない。

障害は報告する。imax@iwa.hokkyodai.ac.jp

■目次
1.メディアについて

2.フロッピーディスクをセットする時は

3.フロッピーディスクの取り出しについて

4.フォーマット手順

1.メディアについて

 本製品では、下表で○の付いたメディアを使用することができます。

メディア と フォーマット形式
リード/ライト
フォーマット

2HD 1.4MB Macintosh

2HD 1.4MB ProDOS 
×

×

2HD 1.44MB DOS/V 

2DD 800KB Macintosh
×

×

2DD 720KB DOS/V 

  • ご注意:
    • フォーマットのダイアログでは「ProDOS 1.4M」が項目として表示されることがありますが、正常に取り扱うことができませんので、選択しないでください。
    • DOS/Vパソコンの形式でフォーマットされたフロッピーディスクを使用するためには、Mac OS標準のユーティリティ「File Excheange」を使用する必要があります。

      コピープロテクトなどの目的で、特殊なフォーマットを施されたフロッピーディスクは、取り扱えない場合があります。

 

 

2.フロッピーディスクをセットする時は・・・

無理な力を入れないでください。

 

フロッピーディスクをセットする時は、右図のようにラベル面を上にして挿入してください。

挿入したディスクがフォーマットされているなら,デスクトップにディスクアイコンが現れます。

フォーマットを促すウインドウが現れた場合は,指示に従ってください。

 

3.フロッピーディスクの取り出しについて(アンマウント)

フロッピーディスクを取り出すときは、必ずフロッピーディスクをアンマウントしてください。

  1. 本製品にセットしたフロッピーディスク上のファイルが、アプリケーションから使用されていないことを確認します。
  2. 次のどれかの方法でアンマウントします。

    • フロッピーディスクのアイコンをゴミ箱のアイコンに重ねる。

     

    • フロッピーディスクのアイコンを1回クリックして選択状態にし、「特別」メニューの「取り出し」を選択する。

     

    • フロッピーディスクのアイコンを1回クリックして選択状態にし、アップルキー+Eを入力する。

     

  3. いずれの方法でアンマウントしたときも、以下のようなメッセージが表示され、フロッピーディスクのアイコンが消えます。この状態でドライブ前面のイジェクトボタンを押して、フロッピーディスクをドライブから取り出します。


    (メッセージはお使いのMac OSによって若干異なります。)

     

     

     

    イジェクトボタンをのっそりと押す。

    • ご注意:
      • 正しい手順を踏まず、フロッピーディスクを取り出したり、USBコネクタを取り外すことはトラブルの元になります。データの損失にもつながります。ご注意ください。また、以下のようなメッセージが表示されます。

     

 

4.フォーマット手順

フロッピーディスクのフォーマットを行いたい場合は、以下の手順にしたがってください。

  1. ドライブにフォーマットされていないフロッピーディスクをセットした場合,容量に応じて以下のウインドウが現れます。
    (フロッピーディスクは、ライトプロテクトされていないことをあらかじめ確認してください。)

  2. ここでフォーマットの設定を行います。

    ●容量2HDのフロッピーディスクをセットした場合

    • Mac OS 標準 1.4MB
      マック専用の場合,このモードを使用します。

    • DOS 1.4MB
      ウインドウズパソコンと共用したい場合,このフォーマットします。DOS/Vパソコン標準の「1.44MBフォーマット」と呼ばれます。
    • ご注意:フォーマットのダイアログでは「ProDOS 1.4M」が項目として表示されることがありますが、正常に取り扱うことができませんので、選択しないでください。

    ●容量2DDのフロッピーディスクをセットした場合

    • DOS 720KB
      DOS/Vパソコンと同じ形式でフォーマットします。
      ウインドウズとマックで共用できます。
      DOS/Vパソコン標準の「720KBフォーマット」と呼ばれます。
      2DDのフロッピーディスクをセットしたときは、ここでフォーマット形式を選択することはできません。

  3. 「初期化」ボタンをクリックすると、フォーマットが開始します。

  4. フォーマットが完了すると、通常のウィンドウに戻ります。必要に応じてフォーマットされたフロッピーディスクをアンマウントして取り出してください。

  5. ファーマット済みディスクの再フォーマットはデスクトップ上のフロッピーディスクのアイコンをクリックして選択し、「特別」メニューの「ディスクの初期化」を選択します。


    操作は,上記の同様です。